« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の24件の記事

2006年8月31日 (木)

秋晴

秋晴

ドンヨリ続きだった奥日光も、今日は秋晴。

天気もさほど心配なさそうだし、久々日帰りツーリングに行ってきます。

/(≧▽≦)

編集後記
今回の行き先はこちら。
Jigokutani

長野県は猿の入浴で有名な地獄谷。
ちゃんと野猿公苑も行ってきましたよ~。
Jigokuzaru_1
いや、近すぎでしょ。 ☆\(・_・ )
まぁトラブルは大して起きていないようだけど。

でも、やっぱ、看板はあるのよね。
Jigokudanikanban

そんでもってその帰り。
道路際の看板。
Kanmandakikanban_1

どこも同じみたい。
ココといい、イロハといい、箕面といい、原因は皆同じ、っと。

今回の目的は本当はココだったんだけどね。
Saikoutiten

いや、さみぃこと。
湯元出るときも寒く感じたんだよ。
後で聞いたら、その日の朝は10℃だったそうで…

奥日光にお越しの際は、上着をお忘れなく。
朝晩冷え込むようになってきたからね。

| | コメント (2)

2006年8月28日 (月)

森コンFINAL

さてさて、明日はいよいよ【森のコンサート 2006】最終夜。

テーマは【フルートの楽しみ】
Flute

会場は【日光アストリアホテル】
時間は19:30~21:00

ごめんなさい。
地図、作ってません。 m(__)m

戦場ヶ原の北の端、川俣に抜ける山王林道方面に走ると、R120から約2kmで到着。

明日を最後に、また来年までのお楽しみ。
皆様のお越しをお待ちいたしておりますです、はい。

| | コメント (0)

2006年8月26日 (土)

湖上綱引き

本日は【森のコンサート デイタイム イベント】

Tunahiki
湖上で綱引き大会

あーんど
Matoate
ルアーで的あて。

そして明日は森コン第4夜。
明日は【弦楽のたのしみ】
Gengaku

会場は【奥日光小西ホテル】
Konisi

時間はいつものとおり 19:30~21:00
お誘い併せの上お越しくださいな。

| | コメント (0)

2006年8月25日 (金)

来客

今日は朝から、珍客あり。
Meboso
ロビーでバタバタ。
どうも迷い込んだみたい。
とりあえず捕獲→放鳥。

しかしアレだ。
こういうときに限ってカメラを持っていないんだよなぁ… orz

午後は久々に小田代原へ。
ん~…花のピークに来られなかった... o...rz

今の小田代はキク科植物が沢山見頃。
Nokon
Siroyome
Tone

草紅葉も始まって、いよいよ奥日光は秋に突入です。

(久々)本日の収穫<うろ覚え f(*^^*
見頃…
シロヨメナ・ゴマナ・ノコンギク・キオン・トネアザミ・テンニンソウ・ミヤマアキノキリンソウ・メマツヨイグサ・コオニユリ

開花中…
ワレモコウ・アキノウナギツカミ

名残…
ノアザミ・トモエソウ・ホザキシモツケ・ハクサンフウロ

若い実…
ノブドウ(多い)・ツルウメモドキ・マユミ・オオウバユリ

ミドリヒョウモン・モンシロチョウ・ヤマキマダラヒカゲ・ヒカゲチョウ・ツノアオカメムシ・アキアカネ・ノシメトンボ・シオカラトンボ・ギンヤンマ

アオゲラ・ノビタキ・ノスリ

轢かれたヒミズと集るシデムシ

あ~んど
Gomi_9
展望台とか殆ど廻ってないから、こんなもんかなぁ?

| | コメント (0)

2006年8月24日 (木)

森コン第3夜

今夜は森のコンサート第3夜

本日の会場は 休暇村 日光湯元
時間は 19:30~21:00

テーマは【ピアノデュオのたのしみ】
Pianoduo

明日の朝 7:00~8:00 の間は
『出演者と一緒に朝の散策』
地元のガイド付きで、さわやかな空気を吸いながらお散歩。

朝ごはんの美味しさ倍増♪

ちなみに、オイラが担当した8/22はこんなのも。

どーん。 m9(^◇^)
Syokuji

何が見られるかは当日のお楽しみ。

今夜の会場、明朝の集合場所ともこちらね。
Qkamura

| | コメント (0)

2006年8月21日 (月)

森コン第2夜

今日は森コン第2夜

今の湯元は雨がバシャバシャ降っているけれど、今日からは建物の中だから心配なっすぃんぐ!

本日の会場は、湯守釜屋。
時間は19:30~21:00

只今リハーサル中です。
Riha

:

:

編集後記

第2夜の今夜は、『うたのたのしみ』

01_9
左は川澄明子(ソプラノ)さん、右は宮本哲郎(バリトン)さん
決して言い寄っているわけではなく?、歌劇『ドン・ジョバンニ』の一節。
(ん? ってことはやっぱ言い寄っていることになるのか??)

しかし、
Mateki
歌劇『魔笛』が、あんなに笑えるとは!
(⌒⌒)ノ_彡☆

堅苦しいものだと思っていたんだけど、子供の頃にこのお二人の演目を見ていたら、価値観変わっていたかもなぁ。

そんなこんなで、今日は用意した席が足りない程の満員御礼。
Morikon_1

さてと、明日はオイラの出番だ。
寝坊しないようにしねぇとな、っと。

次回は8/24 休暇村日光湯元にて、【ピアノデュオのたのしみ】。
皆様、おいでませ~♪

| | コメント (0)

2006年8月20日 (日)

ただ今準備中

ただ今準備中

今日は森コン初日。 19:30〜21:00まで。 今からでも間に合うかも??

皆様のお越しをお待ちしてます。 m(_ _)m

編集後記
今日は湯ノ湖畔で、【和太鼓のたのしみ】だったんだ。
01_8

いつもお世話になっている人が叩くはずだったんだけど…
間に合わなかったなぁ…

今日は朝から雲が低くて、五色山が見え隠れ。
(太鼓叩きはじめたら雨が降るんじゃないの??)
なぁんて思っていたら、

案の定、太鼓を叩き始めたら雨が降りやンの。
\(-"-)/

まぁ、今日は雨が降ったほうがなんとなく気分なんだけどさ...

そんな天気の中でも
Yunohana
【湯のはな音頭】は一般参加もあって中々の盛り上がり。

ま、明日以降は全部ホテルや旅館のロビーでやるからさ。
雨の心配はいらないんだ。

湯元の各旅館からは送迎も出ているから、お気軽にお越し下さいな。

住民一同、お待ちいたしております。 m(_ _)m

:

:

:

和楽踊りと、深山踊りと、湯のはな音頭の違いがわからない??

コマカイハナシハ\(^_\) コッチニ (ノ_^)ノ ポイ !! ミ□

| | コメント (0)

2006年8月19日 (土)

吸水

今日は朝から、(またも)光徳へ。

本日のターゲットは
Miyama03
ミヤマカラスアゲハの吸水。

実は、うちにチョウの研究をされている方がご宿泊になり、その方の調査に向いた場所を…ということで、お世話になっているkokekokkoさんに協力を依頼。

快諾していただいたものだから、
『天気も良いし、一緒に行っちゃえ♪』と。

結構いたなぁ…
上の写真とは別の場所でも
Miyama01

もうちょっと近くで…

あっ!!

Miyama02
コンチクショウメ! 凸(`ヘ´#)

:

:

前のアイノミドリシジミも含め、綺麗なチョウがお好みなら、光徳がオススメかな。

| | コメント (0)

2006年8月18日 (金)

残暑見舞い申し上げます

「暑さ寒さも彼岸まで・・・」

とよく言いますのが、ここ奥日光は茹だるような暑さもなく、今年も夏を終えようとしております。
みなさん、素敵な夏の思い出が作れましたか??
残り少ない夏もエンジョイしてくださいね!

Coo
当館の番犬? アイドル? Mr.クーよりご挨拶。

さてさて、本日は【お盆SP!! 湯ノ湖・戦場 ネイチャーウォッチング】の最終日。
天気が悪い予報だったけど、雨は朝までに上がって一安心。

いやぁ、6連荘のガイド…
我ながら良くやったもんだ。(笑)

さてさて、午後になって湖畔に足を運ぶと
Morikon
明後日から森コンweekが始まるので、その準備が始まっていたのだぁな。
詳しくは…
← の
カテゴリーで『イベント・催し物』をクリック!
一番下に載っているのでそちらを見てね♪ (⌒.-)=★

自分所にリンクを張るのはこれで良いのか? 実験実験

sousou, 8/22 no 【asa no sansaku】 atakusi tantou simasu-desu hai.
kono-hiha β no syoutai wo miru chance dattari suru (warai)

さてさて、本日はイベントネタをもう一本。
実は今夜、うちで【サプライズボサノバコンサート】をやったのさ。
Bossa1
なかなかの盛況。

これは…
事前に組んだら、結構イケるんでない?

Bossa2
湯元の涼やかな夜、涼やかで穏やかな歌声でノンビリムード。

また企画したいと思うので、その時はお願いしますね?
西澤沙苗さん♪

本日の演者、西澤さんのHPとブログはこちら。
HP:西澤沙苗オフィシャルウェブサイト
Blog:ブラジル音楽系 ヴォーカル&ギター ☆ ボサノバギター弾き語り ☆ 西澤 沙苗

| | コメント (3)

2006年8月17日 (木)

穴場

今日はメンドクサイ話は置いといて、風景をお届け。

01_7
苔むした峡谷。

02_6
中にはこんな岩がゴロゴロ。

03_4
ところが、この沢の水が所々溜まっていて、そこを渉らないと行けない。
切れるように冷たい… ( ̄д |||)

場所??

ナ・イ・ショ♪ (^τ-)

こういう所って、人が沢山行くと、あっという間にダメになってしまうんだ。
熊野古道なんて良い例でしょう?

だから、ナ・イ・ショ!

| | コメント (0)

2006年8月16日 (水)

ゴミと人と…と

今日はフラッと三本松へ。

実は4日前にも三本松へ。

ヒマだね。おい。\゛(ー_ー)

失礼な! (*'へ'*)プンスカ!
ちゃんと意味があんの!!

まずはこちらを。
060812

ほんでこちらを。
060816

三本松駐車場のほぼ同じ場所から撮影。
上が06/08/12夕方。
下は06/08/16のお昼。

違いは…
さすがにわかるよね??

そ。
ゴミ箱が撤去されているのさ。

なんでかってぇと…

ん?
『お盆のハイシーズンにゴミ箱を撤去するなんて、けしからん!』 って?

ん~… f(=へ=)

~~~~~~~~~~~~~~~~
時を戻して、8/12夕方
~~~~~~~~~~~~~~~~
と、ある連絡を貰って、現場に急行。
その1枚目が最初の写真。

裏に廻ってもう一枚。
Sanbonmatu_03

あれ??
裏板が剥がされている…

近くに寄ってもう一枚。
Sanbonmatu_04

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

指先にご注目。
白い筋が見える??

これは爪痕。
持ち主はツキノワグマ。

そ。クマがゴミ箱を漁ったの。

だから、ゴミ箱を撤去した。

それだけの話。

我々人にとっては、ね。
じゃ、クマにとってはどうか。

ゴミ箱の撤去は、もう関係ないだろうなぁ。

駆除されちゃったらしいからさ。

-----------------------

我々にとっては、ただのゴミ。
観光で来たのだから、ゴミは持ち帰りたくない。
ゴミ箱があるのだから捨てればいい。

野生動物にとっては??
食べ物の匂いがする。
あそこに行けばいつでも食事にありつける。
食べ物を探して山の中を歩き回らなくてもいい。

ゴミを捨てに行く人


食事をしに来るクマ

ばったり遭遇したら…
もし、人を威嚇したら…
もし、人に危害を加えたら…

クマは駆除されてしまう。

--------------------------

『お盆のハイシーズンにゴミ箱を撤去するなんて、けしからん?』 

| | コメント (0)

2006年8月15日 (火)

3日目

【お盆SP!! 湯ノ湖・戦場 ネイチャーウォッチング】
本日3日目。

本日もご参加頂きありがとうございました。 m(__)m

やはりお盆ともなると、結構人出が多い。

ほ~ら、観瀑台にこんなに人が。
Yutakiue
え?わかんない?   ↑この辺かな?

観瀑台は人でいっぱい。
遊歩道も人でいっぱい。

戦場ヶ原で話をしていたら、ボーイスカウトの
『やっほ~~~~~~!!』
にかき消されてしまった… ...orz

しかも3分くらいいるんだもんなぁ… (-д-)

きょうは驚き3つ。
湯元でコムラサキが飛んでいた。
いつものコースにザリコミがあった。

ミンミンゼミが鳴いていた。

いやぁ、当然ちゃ当然だけど、見落としが多いなぁ。

でも、昔VCにいた頃もミンミンゼミは気がつかなかったんだが…
昔からいたのかいな??

しかし、当然ちゃ当然だけど、ガイド中はネタが拾えない…

ガイドの残りが3日間。
その間は、(多分)遊歩道情報が出せません。

なんか拾って、更新しようとは思うけど、あまり期待しないでねン。

| | コメント (0)

2006年8月14日 (月)

Bon

BON! BON!! OBON!!!。

事務所はそこそこ忙しい。
まぁ、お盆に空室ガラガラじゃ、話にならないけどさ。

今日は【お盆SP!! 湯ノ湖・戦場 ネイチャーウォッチング】の2日目。

参加者なんと前日比2.0倍!!

2人が4人になっただけなんだけど(笑)

今、湯元スキー場に行くと結構チョウチョが飛んでいるんだ。

その中でも、目立つのが
Asagi

このアサギマダラ

写真のようにヨツバヒヨドリで蜜を吸っていることが多い。

こうしないと、成熟しないんだそうな。

このアサギマダラ、とある理由でかなり有名なチョウなんだけど…

その理由はこの下に↓

アサギマダラは渡りをするチョウ。
奥日光で見られるのは初夏~夏の間が殆ど。
その後、南下をするが生態はまだ解らない部分が多い。

下野新聞 (2005/11/13)によれば、
2005/07/28 湯元スキー場でマーキングされた個体が2005/10/22に沖縄県与那国島で再確認された。
移動距離はおよそ2080km

とのこと。

と、こんな話は別にしても、ステンドグラスの様な翅でフワリフワリと飛ぶ様は何とも綺麗なので、是非ともスキー場に行ってみてね。 (⌒.-)=★

アサギマダラの飛翔に関する詳細は
アサギネットをご覧下さいな。

もう暫くすると、このアサギマダラも湯元を発つのかなぁ?

皆様、お盆で移動中??

Bon Voyage!!

| | コメント (0)

2006年8月13日 (日)

続・食事

お盆到来。

お客様のお話を伺う限り、やっぱり帰省ラッシュで大変だったみたい。

:

さて一昨日の続き。

今日からお盆、なんか遊べないかと思って・・・

遊んでみました~♪ \(^▽^\)(/^▽^)/

ご宿泊のお客様を対象に、
【湯ノ湖・戦場 ネイチャーウォッチング】
3時間で300円也~!

高い?安い?

まぁ、お盆だし、細かい事はいいかぁ。ヽ( ´ー)ノ

こちらも続きで、【食草】の話。
Hutasuji_1
このフタスジチョウは奥日光では、さして珍しくも無い。
でも、他の地域では珍しいというその理由は…

【食草】! m9(-◆-) ヾ(°∇°;) それは聞いたって...

オホン!
つまり、だ。
奥日光に多くて他の地域にはあまり無いものを食草としている。
ということじゃな。

で、このフタスジチョウが食草として使う植物の一つがホザキシモツケ、とこう言うわけじゃ。
わかったかね?

裏を返せば、食草が無い所では、生きていけないから、基本的には見られない。
と、こうなるわけじゃよ。

っつうか、何キャラだ? ↑(゜^゜)

| | コメント (0)

2006年8月11日 (金)

食事

間もなくお盆。
皆様旅行のご予定はお決まり?

今日も奥日光は良い天気。
湯ノ湖畔では、子供達が水と戯れ、ん~夏だ。
Kohan

お盆かぁ・・・
事務所の人手も多少増えたし、
部屋もほぼ満室だし、なんか遊べないかなぁ? (゜へ゜?)

って事で、湯ノ湖~戦場をプラプラ。

そしたら発見。

黒いマントに横一文字の白い斑、

メタリックな肩当、

真紅の兜 に身を固めたこんなヤツ。
Sirositahotaruga_1

なかなか、目立つしカッコイイと思うんだけど。
いかが?

でもねぇ、コイツは幼虫時代の方が目立つのよ。
Youtyu
なかなか奇抜なカラーリングで…

今はさすがにこの幼虫は見つけられないけれど、6月の半ば過ぎにはサワフタギの葉を捜すと見つかる。

なぜサワフタギの葉を捜すのかって?

このシロシタホタルガは、幼虫時代に食べるのが決まっていて、奥日光ではそれがサワフタギなのさ。
こんな感じに、幼虫時代に食べる草は【食草】って呼ばれていて、この【食草】が決まっている虫ってのも多いんだ。

ほんでもって、夏になると奥日光の随所で見られるコイツ。
Hutasuji

道路や歩道上で踏み潰されていたりもするんだけど、まぁソンくらい沢山いる。

奥日光には、ね。

他の地域ではなかなか珍しいものらしい。

その理由が【食草】。

なんでかってぇと…

(゜^゜)ゝ゛ ん~…

随分長くなったから、今日はおしまい。 
(_ _)...。。oO zzz

| | コメント (0)

2006年8月10日 (木)

台風直撃!

って、予報だったんだけど…
台風の気配程度で大した雨も降らずに終了~。
せっかく【小田代原湖】が出現するかと思ったのになぁ。

ま、それはそれとして、台風一過の青空。
Taihuikka

こんな日は、のんびりドライブ 中禅寺までおつかい。

で、用を済ました後は のんびりお散歩 情報収集。

中禅寺で人力車が走っているからその情報を…

って思っていたのだけど、車夫さんが見当たらず断念。
大体15分で1000円位だってさ。
詳細はまた後日。 ヽ( ´ー)ノ wasurenakerebane

その後も表通りを歩いていると、小物屋さん発見!
中を覗くと、陶器に食器、布製品に籐製品と和風テイストで。
小物も多いから、女性向??
Tennai

お店の前で作っている日光彫りも店内で販売中
Ittoubori

今回お邪魔したのは、イロハを上った目の前の【ゑびすや】さんだけど、
Ebisuya
中禅寺にはこうしたお店が多いから、散策するのも良いかもね♪
昨日のボタニカルアート展もあるし。

夕方。
事務所にいると一本の電話が。
電話を下さったのは今朝チェックアウトなさったお客様。

情報内容は…
Kitune
致命傷は左側頭部の粉砕骨折のようです
頭骨がグシャグシャでした。

奥日光は野生動物の生息地。
いつ、どこから現れるか解りませんので、ご注意を。
彼らのほうが、先にここに住んでいるのですから。

え?キツネをどうしたかって?
個人的にはラッキーって感じ♪

| | コメント (2)

2006年8月 9日 (水)

今日はおやすみ

今日はおやすみ

今日はおやすみ

で、久々に献血をしに宇都宮まで。

以上。

:

:

ま、待った!!

まだ終わって無いってば!

行掛けに中禅寺でちょっと寄り道。

寄った先は仏料理屋Chez Hoshino。

9月の頭まで、店内で宇都宮野の花の会の(【の】が多過ぎw)ボタニカルアート展をやってるんだ。

誰でもフラッとよって見ていっていいってさ。

Open 11:30〜15:00 18:00〜20:00

ケーキセットなんかもあるから、一休みするのに丁度いいかも。

で、献血前にもう一件寄り道。

奥日光を中心に活動してる写真家【野風人】さんのギャラリーがOPEN。

自分でギャラリーに作り替えたという大谷石の蔵に綺麗な写真が展示されてるんだ。

雲海の写真も多くて、そんな風景にあってみたいなぁと、

『いつ頃動くといいの?』って聞いたら、

『日の出前だな。』

(ρ.-)☆ アイタァ!

惜しむらくは場所が日光じゃないんだけど。

住所

宇都宮市新里町1179

なんてやっていたら、献血ルームに着いたのが17時すぎ。

全血しか出来ませんでした f^_^;

| | コメント (0)

2006年8月 8日 (火)

採燈大護摩供

01_6
今日は、湯元で『採燈大護摩供』が行なわれた。
幸いにも天気は晴♪
湖から涼やかな風が吹いて、護摩の煙も適度に流されいい感じ。

もともとは日光の山々を修験者たちが廻る夏峰修行に端を発するのだとか。

もくもくと上がる煙の中で、
02_5
護摩木を手に取り、

03_3
エイヤッ!!

夏山登山の安全と、無病息災・所願成就を願うのだとか。

ちなみに、修験者が祈る護摩木は一般参加でも願いを書き込めるのだそうで、その煙が高く上がり天へと届き、願いが叶うんだって。

護摩供は毎年8/8に行なわれるし(薬師様〈=温泉寺のご本尊〉の縁日なんだって)、来年の予定、入れとく??

| | コメント (0)

2006年8月 7日 (月)

♪今の君は…

Pikapika
ピカピカに光って~♪

今朝はご宿泊のお客様に湯元地内をご案内~♪
で、早朝散策は7:30で終わるものだから、
光徳の奥へ。


お目当てのものは
ミズナラ林で乱舞乱舞乱舞!

近くに止まってランランラン♪
Aino

綺麗でしょ?
多分、アイノミドリシジミでいいと思うのだけど。

コイツは、見る角度で全然色が違うんだよね。
Aino2
こんな風に。

しかし、もうちょっとチャンと撮りたい・・・
近々リベンジだ! (`^´)9

ん~…でも、手持ちのデジカメでは飛んでる写真を撮るのは厳しいか??

となると、カメラが必要???

やっぱ、ミノルタ「X-7」か!?

って、お前はいくつだ! o(--)==○  )゜д゜) Ouch!

| | コメント (0)

2006年8月 6日 (日)

赤岩滝

赤岩滝

奥日光の秘瀑 赤岩滝

そのうちお客様を案内したいと思って、ヒサビサに様子を見に来てみた。

昔は冬にXCスキーで来たんだよなぁ。 でも今は無理かな?

所々崖が崩れてたり、倒木が出てたりするから。 歩いて行く分には問題ないけどね。

でも初めて行く人は案内付けることをおすすめ。 地図が読めれば話は別だけどさ。

とりあえず赤岩滝直下からモブログ投稿。

こんな所でも電波が届くとは… 便利っつうかなんつうか。 (; ̄_ ̄)=3

編集後記…
久々に行ってきたのだけれど、大きな変化は無かったかな?
いつもの水場も使えたし、渡渉できない程の増水も見られなかったし。

ただ、最後の渡渉ポイントには
Tosyou
こんなものが。

親切だと思う??

個人的にはこういうのは反対。
っていうか、キライ!

試しに渡ってみたのよ。
そしたら、仮橋は一足ごとに大きく揺らいでバランスを崩しやすいし、ロープは弛んでいて体を支える役には立たない。
こんななら、無いほうがマシ。

そもそも、赤岩滝って遊歩道じゃないんだ。
で、こういうところは(こういうところに限らないけど)自己責任で行くもの。
つまり、自己の力量で行けるかどうかを見定めて、無理だと思えば引き返す。
そういう判断を自分で下さなきゃいけない場所。

そんな場所に、例えばしっかりとした道案内をつけたり、こんな橋を架けたりしたら、当然それを頼りにする。
では、帰りに橋がなくなっていたら?
バランスを崩してロープを掴んだら??
景色に見とれて道標を見失っていたら???

それを頼りに進んだ人は無事帰れるだろうか????

橋を架けたり、道標をつけたり、親切だと思う?

| | コメント (0)

2006年8月 5日 (土)

博→VC→博

今日はイベント三昧。(午前中は事務所仕事だったんだけどね。)

午後一番には自然博物館の、【戦場ヶ原ガイドウォーク】に参加。
自然博物館のスタッフの案内で戦場ヶ原をプラプラお散歩。

途中、川の中をのぞいて小魚見たり
Day
シカを見つけたりと色々。

で、その後は湯元にとって帰してVCの【夕方散策】に。
今日の担当はNPV(日光パークボランティア)の方。
Vc
参加者はお一人だったけど、その分のんびりとしたガイドでした。

で、夜は宿泊のお客様をお連れして、
自然博物館の催し【戦場ヶ原ナイトハイキング】へ。
Night
懐中電灯を使わずに、戦場ヶ原の木道上をハイキング。
頼みは月明かりと、己の五感のみ!
( ̄ー ̄(_ _ ウム。

最初は『見えないっ!』って声も上がっていたけど、目が闇に慣れるにつれいろんな物が見えてくるように。
星を見たり、近くで動く獣の気配に驚いたり、虫の音に耳を澄ましたり。
最後は地面で怪しく光る物体を手に取り、禁断の懐中電灯の明かりで見てみると…

あぁ、あの驚きは体験しないとわからないなぁ。\(°o°;)/

都会の明かりに慣れていると、あの雰囲気は新鮮だと思う。

お時間あるなら、参加してみる?
いずれもリーズナブルよん。。(⌒.-)=★
どちらの施設でも早朝散策もやるし、夏の奥日光 面白いぞ。

日光自然博物館のイベント

VC(日光湯元ビジターセンター)のイベント

そうそう。
8/3の男体山8/4の戦場・小田代の情報を書くスペースが無いので、マイフォトに乗せてみた。(初の試みだったりする)

オイラの覚えだから、手書きで汚いし、書き漏れもあったりするんだけど情報が必要な方は根気よく読んでくださいな。
マイフォトは左のメニューバーの一番下にあるからさ。

| | コメント (2)

2006年8月 4日 (金)

電池ぎれ(´A`)

電池ぎれ(´A`)

電池ぎれ(´A`)

電池ぎれ(´A`)

今日は久々に小田代原へ。

また写真を撮り溜めようと思ったらカメラが電池切れ…

ってわけで(どんなわけだ?)現場小田代原よりべー太がお届けします。 p(^O^)

今、目の前には貴婦人が。

先日足下に敷かれていたノアザミの絨毯は見頃を過ぎ、ホザキシモツケもピーク過ぎ。 まだまだ風景としては美しいけど花の写真を撮るには…かな?

今、見頃なのはトモエソウ。 レモン色の捩れた花弁が特徴的。

あと一週間くらいでクサレダマが見頃になりはそうなかんじ。

あとはキオンとか。 小田代原の色は紫から黄色へと移行中。

とは言え紫勢も件のノアザミやニッコウアザミ、コバギボウシにハクサンフウロなど根強い感じ。

で立ち止まってるとカメムシが寄ってくる、と。 このカメムシは掴んでも臭わないんだけど、一纏めに嫌われる。 ピカピカで綺麗だと思うんだけどなぁ σ(^◇^;)。。。

編集後記…
ツノアオカメムシは、摘んだくらいじゃさして臭わないんだけど、まとめて何匹か捕まえてシャカシャカ振ったりして虐めると…
さすがに臭う (´・ω・`)

しかし、なんでモブログ投稿したら画像が横位置なんだ??

| | コメント (0)

男体山

いやはや。諸々雑多、片付けていたらこんな時間になってしまった。
普段は事務所から更新をしているのだけど、今日は色々あって自室から更新。
しかも、ココログの更新画面がうまく動かないし…

って事で、今日はもう遅いし、画像のアップも大変そうなんで(未だに16kb/secだったりする… f(==) 概略のみで。同定が半端なもんもあるけど、許してね (⌒▼-)~☆

男体山 志津~山頂
ダイモンジソウ開花、ヒメシャジン蕾、ミヤマウスユキソウ?、モミジカラマツ見頃、ハクサンシャクナゲ終、セリ科SP、ガンコウラン・コケモモ未熟実、クロマメノキ花終、マルバダケブキ開花、ハンゴンソウ開花、ハナヒリノキ?見頃、ネバリノギラン
イタチ系の糞(かなり小さい、オコジョか?)、ルリビタキ、メボソムシクイ、アキアカネ、ヤンマ系、キアゲハ、ヒオドシチョウ
山頂~二荒山神社
ヤマハハコ、ミヤマカラマツ、タマガワホトトギス、ヨツボシヒラタシデムシ

そういえば、山頂の小屋が開いていた。カップラーメンや、コーヒーとか、登山記念のピンバッチを売っていたよ。
開店?時間は大体日の出から日没までだって。

| | コメント (2)

2006年8月 1日 (火)

登拝祭

昨日?のブログにも書いたけど、今日?は中禅寺は二荒山神社のお祭り。

行ってきた!
残念ながら仕事の都合で花火の直前にしか間に合わなかったけどね。
Hanabi
湖上の花火ってのも、結構綺麗♪
花火も間近で見れるし、周りからも歓声しきり。
今日8/1も21時から花火を打ち上げるから、時間があるならオススメ。

ん~…でも、打ち上げ時間が短いんだよなぁ…
終わりが早いから、21時には二荒山神社についていたほうが良いよ。
20:30から大抽選会もあるしね。(海外旅行も当たるってさ!)

その後は、深山踊りコンテスト。

ちびっ子たちも一生懸命踊ってた。
Miyama_3
なかなか可愛らしいでしょ?

で、祭りの後は(こっちが本題?)男体山登拝講。
Tohai
山伏さん達を始め、老若男女が山頂での御来光を目指して、日付が変わると同時にスタート。
霧雨が降っていたけど、山頂では晴れるといいな。

しかし、神社の受付で売っていた金剛棒…
ネーミングとか、キャッチコピーって大事だと思うんだけど…
Photo

| | コメント (3)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »