« 要注意!銃器によるシカ個体数調整 | トップページ | ICE AGE -雲竜渓谷- »

2011年2月 5日 (土)

雲竜渓谷・雲竜瀑トレッキングツアー

まず最初に御断り。

1.今回は真面目一辺倒。オチも何もありません。
  また、いつもの腹黒べー太としての記事でもありません。

2.私自身の移動はやや早めです。
  例えば、西ノ湖~赤岩滝まで1時間で歩けます。
  例えば、山岳部でもコースタイムの1.5倍で移動できます。

3.今回は条件に非常に恵まれていました。

これらを念頭に置いてお読みいただければ幸いです。

~~~~~~~~~~

先日、少々気になるチラシを、複数見つけた。
いずれも雲竜渓谷・雲竜瀑に関するツアーの参加者募集。
気になったのは時間設定。
ただし、雲竜は自身でも年に一度行く程度の場所である為、まずは現状の確認。

雲竜渓谷は、大谷川の支流の一つ、稲荷川の上流に位置する。

110204_rindouiriguti
日光駅から5.5km。林道ゲートが入口。
ここからスタートすることになる。
9:28出発 【00min】

110204_tyuusyaba
ゲートから先は許可車両のみしか進入が許されないため、林道ゲート付近には早朝でも車が止まっている。

110204_rindou
以後、舗装された林道を歩く。
今夏、落石が林道を塞いでいたことがあったそうだ。

110204_inarigawatenboudai
稲荷川展望所 10:00 【32min】

110204_1hourpoint
日向砂防堰堤入口 10:07 【39min】
昭文社の地図では、ここまで1時間と記載されている。

110204_doumon
洞門岩到着 10:18 【50min】
この直前、9:00ゲート発の男性二名を追い抜く。
ここで一旦林道を離れ、川沿いのルートへ入る。

110204_tosyou
途中、川進入が3回。

110204_rindousyuuten_ouro
林道の終点。10:40 【72min】
ここでアイゼン着装、先行者からの情報収集など10min。

110204_tomosirazu
友不知。 11:01 【93min】
川侵入3回。

110204_unnryuubaku
雲竜瀑到着。 11:12 【104min】

110204_hosuukei
若干見づらいが、目安。

110204_iceage
山渓の記事になっていたのはこの辺りの写真。
表紙はこの氷の柱の裏側。

110204_rindousyuuten_hukuro
林道の終点から復路。 12:56
雲竜瀑からの時間は往路と同等と仮定し、【20min】
帰路は林道を使用。

110204_doumon_hukuro
洞門岩。13:24 【48min】

110204_inarigawatenboudai_kiro
稲荷川展望台。13:41 【65min】
電話や立ち話で10min

110204_rindouiriguti_kityaku
林道入口帰着。 14:17 【101min】

概算で移動のみ、片道100分 往復200分。

-------------

現状確認を基に、自身でガイドをすると仮定する。

移動時間は自身 ×1.5。
片道150分 往復300分

雲竜瀑直下での昼食・休憩に45分。

1時間の移動毎に10分の休憩とし、×(300/60)回。

アイゼンの着脱5分×2回。

総計405分=6時間45分。

※募集型である以上、参加者のレベルや道具の習熟度不明であり、時間加算。
※遊び時間や撮影など、楽しんでもらう時間は未計上。時間加算。
※道路状況の変化により時間加算。
…加算時間累計として仮に1.5時間を充てる。計8時間15分。

※地形・ツアー終了後の参加者の移動などから、林道入口帰着を14:30と仮定。
…6:15林道入口出発。出発時間不適。
……出発9時と仮定。17:45帰着。帰着時間不適。

------------

~~~~~~~~~~

以上はあくまで私の試算ですが、高低差≒550m、距離≒11kmの移動所要時間よりもツアー時間が短い場合は、某かの無理が生じていると考えられます。

今回、洞門岩周辺に車両が止まっていました。
110204_doumon_tyuusya
この洞門岩からの往復であれば、50×2×1.5+αとして3時間程度での往復も可能でしょうが、林道への進入を許されるのは、許可車両のみ。
以前、ビジターセンター勤務であった頃に森林管理署の監視員をしていた事があり、その際巡視を目的としての車両侵入は許されていましたが、そうした一部の例外を除けば、工事車両や関係車両のみが通行を許されるはずです。

110204_gateclose
林道入口にも明記されていますし、林道は一般道路とは異なります。
前述のように落石、また雪崩などで道が塞がれる可能性もあり得ます。
奥地に侵入後、そうした状況が発生すれば車両ごと帰れなくなる可能性もあり得ます。
過去に、帰路林道が完全凍結しアイゼンが無ければ歩けないこともありました。
そこまで凍結した場合、車両では停止する事すら厳しいでしょう。
そうしたリスク回避の観点からも、商用利用がなされる事はおそらく無いと思います。

更に、上記算出も実は当てになりません。

冒頭に3として掲げた、【条件に非常に恵まれていた】がその要因です。

恵まれていた条件とは、、A~Cの3つ
A.1/29に雲竜渓谷で救助訓練が行われ、その為洞門岩まで除雪がされていたこと。
B.それ以降好天が続いたようで、全行程の8割程度を占める同区間の大半で乾燥した状態のアスファルトを歩けた事。
C.Bの状態の為、帰路の林道も凍結箇所が殆ど無かったこと。

この区間が除雪されていない場合は4km近くの道のりで雪上を歩くことになり、より時間がかかる事が予想され、また、除雪がなされていても乾燥していない場合、路面が凍結している可能性があります。

地形上から、13時の時点で林道はほぼ日陰に戻る為、再凍結の可能性は高いと思います。(過去2回この状態に遭遇しています)

となれば、最初の仮定となっている移動時間は更に延長されることとなります。

~~~~~~~~~~

以上、時間を最大のネックとして、私は雲竜渓谷のツアーを企画することができません。
無理な時間設定をすることは、トムラウシの例を出すまでもなく、安全性に多大な影響を及ぼします。

また、安全の観点から考えれば、
・ 凍結箇所の移動がある為アイゼンが必携であること。(できれば前爪付き)
・ 落石・落氷の可能性がある為、ヘルメットの装着が望ましいこと。
などにも配慮すべきでしょう。

2/4にも、雲竜瀑手前のF1高巻地点で、軽アイゼンを装着したパーティの一人が滑落したり、落石が当たった人もいました。
また、私も崖の崩落・落氷を目撃しています。

山と渓谷社の記事が掲載されたこともあり、興味をお持ちになる方も多い事でしょう。
冬季の雲竜瀑・雲竜渓谷は非常に美しい場所です。
この記事とは別に、またレポートをする予定ですが、実に感動的な場所である事は間違いありません。

ですが、気楽に立ち入るべき場所で無いのも確かです。

一人で行くよりも、ガイドがついた方が安心なのでしょう。
但し、このコースのガイドには前述の通り相当な時間と、ガイド役自体にも相当な経験を要する筈です。
恥ずかしながら、私は不特定の方を対象として、安全にお連れする自信がありません。
参加予定のツアーに疑問があるなら、納得いくまでガイド役に確認をしてください。
ツアーが企画されている以上、私など比較にならないほどフィールドに習熟しているはずですから、一年一度の私が考え付く程度の問題は解消されている事と思います。

山全般そうですが、【人任せ】ではいけませんよ。
雲竜渓谷・雲竜瀑に至っては、猶の事。
あなたの身を守るのは、あなたの責任であり、あなたの危機意識です。

雲竜瀑へのルート地図も起こしたのですが、やはり地図は掲載しない事にします。

===========

友人グループが雲竜に入ったので、コースタイムを追記。
《往路》
林道入口出発(7:35)→稲荷川展望台(8:20)→洞門岩(8:50)→沢沿いから林道終点(9:30)→友不知(10:00)→雲竜瀑直下(10:30) 【175分】

《復路》
雲竜瀑直下(10:45)→昼食など→林道終点(12:00)→林道経由で洞門(12:49)→稲荷川展望台(13:08)→林道入口帰着(13:50) 【昼食を45分程度とし、140分】

往復の移動に【5時間15分】
今回は、リーダーを除いて冬山に登るほどではないにしても単独での冬季活動を行える、平均年齢30歳弱の男女5人。
メンバーから考えると、一般的なハイカーが彼ら以上のタイムで歩く事は難しいでしょう。

つまり、5時間以下のツアーは、成立させるための『何か』を必要としているはずです。

(2011/02/08_22:15 二重線以下コースタイム追記)

|

« 要注意!銃器によるシカ個体数調整 | トップページ | ICE AGE -雲竜渓谷- »

コメント

7人の小人様
おいでませ~♪

お返事、まだ間に合うでしょうか?
まず問合せ先。山渓の雑誌には日光市観光課とありますが、多分最新の情報は得られません。
もっとも可能性が高く、信頼出来そうなのは日光市体育協会山岳部でしょうか?

ただ、以前に地元の方から、『雲竜は2月も半ばを過ぎたら入るな』と言われた事があります。
理由は氷の崩落が起きるからなのですが、その観点からすると、2月中旬以降の情報は上記からも得づらいと思います。

実は、昨年の2月4日にも雲竜に入っています。主瀑が残っていたので、しばし写真を撮っていたのですが、何とも嫌な気配がして高台に上がりました。その3分程のち、主瀑の一部が大崩落を起こし、その氷は私が直前にいた場所まで降ってきていました。
この日は非常に暖かな日で、友不知の氷が溶けていた程でした。

今年の状況をブログを対象として検索してみましたが、2月中旬の記事で氷柱に亀裂が入っているという記述を二つ見つけ、その後も春の陽気が続いていますから、おそらくは、既に氷瀑ではなくなっているのではないでしょうか。

また、今回の大地震の影響も出ている可能性があるので、正直、お勧めできません。
出来れば、来年になさった方が良いと思います。

またお越しくださいまし。

投稿: べー太 | 2011年3月11日 (金) 22時09分

雲竜渓谷の記事大変参考になりました。ありがとございました。二月は赤岳、木曽駒等でキャンプしてたので、雲竜渓谷行きが3月になってしまいました。今週末3月12日に、雲竜渓谷にゆく予定ですが、時期的にはよくないんですかね?暖かくなって氷が解け始める?氷が崩れ始めることもあるのですかね?行くなら2月でしょうか?雲竜渓谷の氷の状況はどこに聞けばいいんでしょうかね?ご存知でしたらお教えください。

投稿: 7人の小人 | 2011年3月10日 (木) 00時49分

皆様
おいでませ~♪

>むささび様
コメントはお好きな時にドゾ。
釣るようなタイトルですいません。
というか、釣りを目的としたタイトルなんです。
案の定、びっくりするほどのアクセス数。
雲竜へ入ろうとする方の参考になると良いんですが。
少なくても自力でアイゼンの着脱、歩行は出来るべきだと思いますよ。

>   様
あぁ、やはり送迎付きでしたか。
でなければ、あのタイムは出しようが無い。
林道の開け方は私も知っていますが、それで顧客送迎をしようと言う気にはなれませんね。
営利目的で林道の開閉許可ってのは、どうも…

>つか様
洞門からの沢コースをスノーシュー!?
スノーシューで水侵入をすると当分雪面を歩けなくなるし、滝の高巻きとその後の堰堤越えのトラバースしながらの下降はスノーシューを使うくらいなら壺足の方がまだマシですね。
どうしてもスノーシューなら林道を行くべきでしょうに。
サイトへのリンクをかけさせていただきました。

>   様
えーと、なんでしょう、、、、、

投稿: べー太 | 2011年2月 8日 (火) 21時33分

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

投稿: | 2011年2月 8日 (火) 12時05分

 拝見しました。私も同様な思いを持っています。
 私も雲龍瀑には今までに4回ほど行っています。前3回は高巻きコースを歩いて滝壺まで行っていますが,最後の回では混雑とメンバーの技術の関係で,友不知までしか入れませんでした。でも,それで良かったと思っています。
 その時にも,グループがたくさん入っていました。下山時に,洞門岩から沢コースをスノーシューで歩いてきたグループとすれ違いました。あのコースはスノーシューのレベルではないと思っていたので,驚きました。用具の選択も含めて,リーダーの資格無しと判断しました。
 雑誌にも,「簡単に行ける」と言うニュアンスで紹介されているので,危険を認識しないで,安易に入り込むハイカーが増えることは容易に想像できます。混雑が危険度を増幅するので,ますます心配です。
 現状を正確に把握できるガイドが同行するならば,危険は回避できるでしょうが,不安です。事故が起こらなければいいと,以前から心配していました。

 どれほど効果があるか分かりませんが,私のホームページにも注意を促すメッセージを載せることにします。

投稿: つか | 2011年2月 7日 (月) 16時23分

ツアーは洞門岩まで車で行くようです。他のサイトにもそのような記載がありましたし、1/31に私自身も現地に行きましたが、定員いっぱいに人を乗せたワゴン車が複数ゲートの先の林道を進んで行きました。
許可は取っていると思うのですが・・・ゲートは鍵ではなく、とある工具で開けるようになっているので、それを知っていれば誰でも入っていけるようですけど。
洞門岩からなら渓谷はすぐなので大分楽ですよね。

投稿: | 2011年2月 7日 (月) 15時46分

遅いコメントで申し訳ないです。

雲竜渓谷は私も2年くらい前から行ってみたいとは思っているんですが、女峰山の懐に切れ込んで行く厳しそうな地形を地形図で見たり、行程の長さや天候がどうなるか等を考えて二の足を踏んでいる状態です・・・
ですので、山渓に記事が載った時は、こんなに簡単に載せてしまって大丈夫なのかと心配になりました。

タイトルを見た時、べー太さんが雲竜のツアーを開催か!?それならぜひ連れて行っていただこう!と一瞬張り切りましたが、記事を読んでやはりリスクの多いコースなのだと再認識しました。
もっと経験を積んでから  ですね。

投稿: むささび | 2011年2月 7日 (月) 11時55分

SAWA様
おいでませ~♪

トムラウシは、旅行社側だけではなく、参加者にも責任はあると思いますよ。
誰がなんと言おうと、山は自己責任。
「誰かのせいで事故に遭った」なんて思っている限り、事故は続きますよ。
たとえガイド付きのツアーであっても。

雲竜瀑のツアーは、綿密に考えて組まれているのだと思いますよ。
但し、ツアー5時間はまだしも、中にはツアー3時間なんてのもあります。ここに至ると、もはや何をどうしているのやら…
そんなに時間を短縮する術があるなら知りたいくらいです。

私も普段のガイドを企画する時は2倍ですね。時間の余裕は必要ですから。
文章や写真が必要なら、適当に引っ張って行って下さい。

またお越し下さいまし。

投稿: べー太 | 2011年2月 6日 (日) 23時15分

じっくりと読ませていただきました。
そのようなチラシが複数!!!ですか!
ビックリですね。
北海道での悲惨な事故、これらも、素晴らしい風景をネタに、山好きな中高年の方を集める商法による事故ですよね。
責任あるガイドでしたら、ましてや厳しい雲龍瀑のツアーは組めないでしょう。
本当に驚きましたね。
以前から感じてましたが、コースタイムがまるで、山男のような強靱な方が行ったときのタイムになっているのが多いですよね。
写真を撮ったり、休憩して風景を楽しむことも含めて、いつもコースタイムの2倍にして、出かけておりましたが、儲けのためのチラシなどでは安易にそのままのタイムを表示しているのでしょうから、呆れます!!。
べー太さんの貴重な投稿を私の登山情報保存版にそのまま転記させていただきました。

これからも、よろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

投稿: SAWA | 2011年2月 6日 (日) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94428/38742536

この記事へのトラックバック一覧です: 雲竜渓谷・雲竜瀑トレッキングツアー:

» 第5回放送は「奥日光のあれこれ」です。 [カウプラスラジオオフィシャルブログ]
Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser. cowplusradio5 mp3ファイル 皆様こんばんわ。第5回カウプラスラジオで御座います。 今年1発目の収録は、栃木県日光市鬼怒川に御座... [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 17時55分

« 要注意!銃器によるシカ個体数調整 | トップページ | ICE AGE -雲竜渓谷- »