« 日光・奥日光のイベント 2012年2月 | トップページ | 奥日光 冬花火 »

2012年2月 3日 (金)

煌めく雪灯里と闇の漆黒

本日より、湯元温泉雪灯里開幕。

今年は従来の蝋燭の灯から、LEDの明かりに変更。
120203_yukiakari_hukaku_siro
昼光色の白

120203_yukiakari_hukaku_ao
寒色系の青

120203_yukiakari_gyoukaku_siro
今年のランドマークも去年と同様にスカイツリー。

120203_yukiakari_gyoukaku_ao
同じくLED。

120203_yukiakari_soft_siro
振る舞いの甘酒飲みに旅館案内所に入ったら、激しく曇ってしまった(笑)
ま、ソフトフォーカスってことでww

120203_yukiakari_soft_murasaki
う~む…
やっぱり寒色系は、更に寒々しい気がする。

120203_candol
やっぱ蝋燭の暖色系の灯りの方が個人的には好みだなぁ。
あ、これは古巣の缶ドルランタン。
3年越しにようやく参加型のイベントに。
きょた。お前さんとの仕掛けが、ようやく実を結んだようだぞ。

皆さんもどうぞご参加を
一緒に盛り上げましょう♪

今年はLEDに替えたことで、蝋燭に火をつける手間が無くなったので、結局2月中毎日LEDつけることにしたそうです
振る舞いは金土だけだけど、ライトアップ自体はいつ来ても見られるのでどうぞ足をお運びください。
ライトアップ時間は17:00~21:00です。

それと、この前も書いたけど2/4と2/25の湯ノ湖の花火の打ち上げは19:30からね。
催行決定は当日17時だそうだけど、それが湯元の各施設に伝達されるので、催行の可否はそれでわかるはず。

色を変える雪灯里と、冬の凛とした空気に咲く大輪の花、夜の闇と光の競演を是非お楽しみください♪

 

 

 

 

 

さて、ライトアップも消えた時間。
闇の時間の到来だww

LEDに替えたから全夜ライトアップねぇ?
これはいいさ。
例年、平日にいらした方がガッカリと帰っていく姿を見ているんだ。
観光的には素晴らしい事じゃないか。

だが。

その事を知っているのは誰だ?
金曜土曜の限定開催から、2月中毎日開催に変わったことを知っているのは誰なんだ?

オイラはこの話を現場で今日仕入れたんだが、オイラが別の用事ですっぽかした会議で決定していたんだそうだ。
すっぽかしたのはオイラが悪いから、それに関しちゃ文句は無い。
でも、この会議が開かれたのは1/25だぞ?
で、今日は2/3だ。一週間経っている。

今日のこの時点で、全夜開催の情報が見られるのは、行こうニッコウの記事と、湯元温泉旅館組合の記事の二つ程度。
観光協会にさえその情報が載っていない。(今はTOPに載ってるよ。ってかさっき載せた。)
コイツはどっち側の怠慢だ?

また、記事は書いてあっても、イベントの情報頁の内容は書き換えられていない。
つまり、同じ管理者のサイト内に相反する情報が記載されている。
これって、誤解の元じゃね?

更に、湖畔の花火も然り。
打ち上げ時刻が、オフィシャル的な場所に書いてない。

顧客に知らせる事もしないで、客が来ると思ってんのか?
せめて旅行代理店ぐらいには知らせてあるんだろうなぁ?
(って主に関わっている人に聞いたら、知らせてあるんじゃない?って帰ってきた…)
旅行代理店が知らなきゃ、宿泊旅行客に薦めてくれねぇぞ?

それともあれか?
今回来た人が、素晴らしさに感動してまた来年…とかそんなんか?
10分の2と、1000分の200、同じだと思うのは小学生までで充分だろうさ。

イベントの都度思うんだがよ?
あんたら、何の為にイベントやってんだ?

written by 闇よりもなお昏き者(藁)

|

« 日光・奥日光のイベント 2012年2月 | トップページ | 奥日光 冬花火 »

コメント

山狸様
おいでませ~♪

あいやぁ~…
それは買い被りですって。
声はあげても声に力が無いですからねぇ。
力を持つ人の声がやはり強いですよ。

ともあれ、仰る事は至極ごもっとも。
ただ、素人目にもまだそのステップに至っていない気がしてまして。
いやはや、難しい。

またお越しくださいまし。

投稿: べー太 | 2012年2月 5日 (日) 21時41分

一観光客としては、来年は是非見に行きたいとは思っています。。。。。が;

マーケティングで飯食っている身としては、
(ネットマーケなので業界は違いますが)
このイベントちょっと物足りなく感じています。

告知(プロモーション)もさることながら、このイベント
似たような気象条件を持つ地域なら、予算さえあればどこでもできてしまいます。
(湯元は、観光客に宿泊場所や温泉を提供できる、さらなる好条件がありますが)
奥日光ないし湯元だからこそできるイベントにしていかないと長く続けるのは難しくなって
くると思います。顧客参加も重要な要素になると思います。

それを考える最適任者の一人がベー太さんだと思っていますが。。。。   山狸拝

投稿: 山狸 | 2012年2月 5日 (日) 19時26分

支配人代理様
おいでませ~♪

遅い時間までお疲れ様でした。
今日は缶ドル多分オヤスミ。
吹雪でしたからねぇ…
天候に影響されないのはLEDの利点ではありますけどね。
でも、う~ん、やっぱりなぁ…

またお越しくださいまし。

投稿: べー太 | 2012年2月 5日 (日) 00時33分

三会場の写真をと思いましたが雪と風でさんざんでした。昨日は穏やかだったようできれいな写真ですね。私も蝋燭に一票ですね。暖かさが伝わってきませんでした。来年は一考の余地ありですね。缶ドル見忘れてしまいました。反省。

投稿: 支配人代理 | 2012年2月 4日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94428/43976891

この記事へのトラックバック一覧です: 煌めく雪灯里と闇の漆黒:

« 日光・奥日光のイベント 2012年2月 | トップページ | 奥日光 冬花火 »