« にっぽん百名山 「男体山」 | トップページ | ノアザミと貴婦人 »

2013年7月24日 (水)

特派員β 小杉国夫さんと撮る 霧降高原花の写真教室

そこのあなた!
自分の写真に満足してますか?
自分で撮った写真を見て、「思っていたのと違う…」
そんなことを感じた事がある人にオススメのイベントをご紹介。

~~~~~

ニッコウキスゲで賑わうとある日の霧降高原。
多分この辺に・・・

130712_01
いたいた!見つからない様に何気無く近づいて…

130712_002
と思ったら早速バレましたsweat01

ちょうど、霧降高原園地の【小杉国夫さんと撮る 霧降高原花の写真教室】が開催されていたので、ちょこっとお邪魔させてもらいました。

個人的には青空バックのキスゲを狙っていたので、霧の景色にちょっとがっかりしていたのですが、小杉さん曰く

130712_04
こんな日こそ、写真を撮るチャンス!

ん??eye

こんな霧の日なら、霧の様子を見ながら…
曇り空の日は色合いが…
など、霧の日の撮影の条件を伺ったり、

130712_03
この花の配置なら、こんな具合にカメラを構えると…
その狙いは…
という構図のお話、

130712_05
足下の花にも目を向けて、こんな花を撮る時は…

130712_06
小杉さんの言葉を早速実践する参加者Ms.Y。

130712_mr-kosugi
撮影が終わった後には霧降高原園地の名物霧降高原牛カレーを食べながら、その日の復習も含めて談笑。

β:Yさん、イベントに参加しての感想は?
Y:はじめは、私なんかのレベルで、しかもコンパクトデジカメなんかで参加して良いのか悩んでいたんですが…
β:杞憂だったでしょ?

Y:ほんと!勇気を出して参加して良かったぁ~!
β:で、どうでした?

Y:、目から鱗が何枚も落ちました♪
β:ほうっ! それは例えばどの辺で?

Y:な・い・しょheart04

・・・教室に参加してのお楽しみだそうですcatface

イベント中は写真の話はもとより、日光を舞台に写真を撮り続けた小杉さんならではの昔の話がいくつも飛び出し、こちらも目から鱗が何枚も。

どの辺って? それは参加してのお楽しみwwsmile

今回のイベントは【写真教室】なのですが、Yさんのコメントにある通り一眼レフでなければダメというものではありません。
プロの写真家なので、技術的な話も出てきますが、ちょっとしたコツも沢山。
そのちょっとしたコツで、写真が大きく変わるのですから、流石はプロのアドバイス。

でも、個人的には写真の技術よりも、写真や自然に対する優しくも熱いまなざしが印象的に残ったイベントでした。

写真教室は残すところあと3回。御申込・お問い合わせは霧降高原キスゲ平園地まで。

実施日:8月3日(土)、9月7日(土)、10月19日(土)
時 間:9時~12時(昼食後は小杉氏とフリートーク)
定 員:20名
参加費:6,000円(「日光霧降珈琲」でのお食事券つき)
持ち物:カメラ、雨具、防寒具、行動食(飲み物、お菓子)
参加申込み:霧降高原レストハウスまで(0288-53-5337)

今日のそっと一言:(キスゲシーズン後の霧降は、静かで花も多く穴場なんだなぁhappy02

オマケのちなみに。
130724_nikkouno_hana
日光に来ている方なら、こんな本を見た事あるんじゃない?
この本の写真を撮影なさっているのが、小杉さん。
他にも、日光や栃木界隈のハイキングガイドブックを出していたり、NHKの取材を受けていたり
オイラのブログ初出は2010年だったっけな。

|

« にっぽん百名山 「男体山」 | トップページ | ノアザミと貴婦人 »

コメント

カバノアシガタ様
おいでませ~♪
お返事が大変遅くなりましたm(_ _)m

コメントでの記事補足ありがとうございました。
どうしても写真教室だとハードルがあがりますが、気楽に参加できるイベントでしたよね。
せっかく良いイベントなので、もっと広報とか、時間設定とかに工夫…はきっと来年の課題になると思いますよ。

またお越しくださいまし。

投稿: べー太 | 2013年7月30日 (火) 19時38分

Ms.Yこと、カバノアシガタです。
これまでβさんのツアーに参加させて頂くこと、10数回。
最初は記録的意味で撮っていた写真を、もっときれいに、
もっと鮮明にと欲が出てきた頃に、タイムリーなこの企画。
本当に目からウロコ落ちまくりでした。
しかも、霧降は戦場・小田代とは違う植生なので、
お初にお目にかかる植物も多く、お花好きの方は是非~。
また、小杉先生のご指導も各々のレベルに合わせて親切で優しく、
お人柄がにじみでています。
「教室」の文字の重みや腕とかカメラレベルとか色々考えちゃってためらってる方は、
思い切って参加してみて下さいね。
また、電車・バスで参加をお考えの方。
開始時間とバスの時間が…で二の足を踏んでいる方は、
事前に連絡入れておけば10分程度の遅刻はOKとのことですよ。
東京方面で興味をお持ちの方もあきらめないで~。
ほんのちょっと早起きしてみて下さいね~。
きっと新しい発見がありますよ~。

投稿: カバノアシガタ | 2013年7月25日 (木) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94428/52573589

この記事へのトラックバック一覧です: 特派員β 小杉国夫さんと撮る 霧降高原花の写真教室:

« にっぽん百名山 「男体山」 | トップページ | ノアザミと貴婦人 »