« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の16件の記事

2014年1月31日 (金)

明日から雪灯里!

140131_8cm
今朝の湯元は待望の雪!
朝8時時点で積雪8cmで、今も降雪継続中♪
気温はマイナス8℃なんだけれど、雪は微妙に湿り雪。

そんな湯元を朝からフラフラ。
まずは氷彫刻の会場へ。
140131_elegante
ここ最近の暖かさで、流石にかまくらが下がってきたり、細かな意匠は消えてしまったりしたけれど、氷の彫刻はまだまだ健在!

140131_mask
今回の優勝作品、MASKも無事だし、

140131_ryuu
圧巻はやはり平田さんによる作品、希望として作られた竜。
これだけ複雑な造形なのに、崩壊が少なく、完成当時と然程変わらない姿をとどめている・・・
どうなってんだ、いったい??

帰りがけに、湯元の園地に行って見ると…

140131_king
雪の降る中、古巣が一人作業中。

140131_candle
どうも、この辺りが今年は缶ドルの展示会場になるみたい。
昔の缶ドル  

缶ドルはお越しの皆様に作って頂く予定。
作成会場は日光湯元ビジターセンター内、作成したものは夜に自分で飾りに来ても良いけれど、VCに預けておけばVCで飾ってもくれる。
作った缶ドルは持ち帰りも可能で、作業時間は15分ってところかな?
参加費 1ヶ200円、受付はビジターセンター開館中に随時。

140131_yukiakari
会場のミニカマクラも準備が整い、いよいよ明日から雪灯里開催!!
2月中は、17時~21時の間、全夜点灯予定、金土には旅館案内所で暖かい飲み物の振る舞いもあるので、皆様暖かい恰好でお越しください。

明日はオイラは朝からガイド、終わるとフロント、夜は花火。
翌日は雪上探検の下見その1、2/3は輪王寺や二荒山、東照宮なんかのがらまき。

今年の予定は…
11:00~ 東照宮五重塔前
12:00~ 輪王寺
14:00~ 東照宮
14:45~ 輪王寺
15:00~ 二荒山中宮祠
16:00~ 二荒山本社

久し振りにがらまきツアーに行きたいのだけど、行けるかなぁ?? 
がらまき記事 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

スノーシューってこんな感じ?

先日のラジオ収録、先日放送が終わりました。
本来は雪上探検ツアーの広報だったのだけど、雪上探検だけしゃべってもしょうがない(っていうか、30分雪上探検の事だけじゃ喋れない・苦笑)ので、冬の森の楽しみ方をご紹介してみました。

冬の森やスノーシューの楽しさが伝わって、やって見たい!って思って貰えるように喋れたかなぁ?

鈴木智の栃木の元気 森をもっと楽しもう 

MP3はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会。そして朝。

新年会。そして朝。
新年会。そして朝。
みんなしてゲラゲラ笑って、馬鹿な話に、時折真面目な話。
懐かしい人にも再会出来て、いやぁ楽しかった♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

雲竜渓谷 2014!

ってなわけで、携帯でも投稿した通り、
140127_unryu_syubaku
2014/1/27に雲竜瀑へ行ってきたので、レポ。

道中の行程などは以前真面目に書いているので、そちらを参考に。
雲竜渓谷・雲竜瀑トレッキングツアー
(最近は、往復行程3時間なんて摩訶不思議なツアーは消えたみたい。)

今回は雪が全然降っていなかったので、スタートから洞門までのオイラのザックには山靴がぶら下がっていたという。。。
だってさ、ゲート~洞門で林道距離4km弱、高低差300m、しかも事前情報では滝尾神社までしか車で進入出来ない事になっていたので、その場合は更に2km&200mが追加されるんだもの。
林道がカラッカラなのは解りきっていたので、洞門まではスニーカーだったのさ(笑)

洞門でアイゼン付けて、いつも通り川沿いのルートに入る。
この時点でも(終点まで林道歩いた方が良いのではないか?)とか悩んだりもしたんだけどね。
まぁ、アイゼン使用の練習って事で。

140127_tosyou
本当に雪が少なくて、アチコチの渡渉で半ば水に入りながら移動を繰り返す。
防水が効いていなかったら、ちょっとマズかったかもなぁ…

140127_shorthope
そんなこんなで友知らず。
ショートホープを目の前に写真撮影。
いつにも増して巨大に見えるなぁww

140127_takadai
主瀑横の高台まで登って、雲竜を眺めながらご飯タイム♪
この日も暖かくて、主瀑付近で計70分。
その間にも、左側の陽ざしが当たってるツララはバラバラと落ちるし、主瀑の氷からは水が滴っているし…
水色の人が立っている辺りで、オイラは赤いシミになりかけた事があるので、

140127_unryuubaku
今回は一歩下がって写真撮影。
主瀑の下の方に開いている穴を覗きに行っているパーティとかもあったけど・・・
山は臆病なくらいで丁度良いと思うのです。

陽射しが無くなり冷えてきたので、退散。

140127_hyoutyuu
お約束なので、ツバメ岩の氷柱の裏に回り込んで・・・即退散。

140127_tubameiwa
友知らずも左岸側しか氷壁が無かったし、今年はちょっと氷の成長が悪いみたい。

140127_hermetter
ヘルメットは被っていたんだよ、という証拠写真を載せて、今回のコースタイム。

林道ゲート(7:40)→稲荷側展望台(8:27~10min)→洞門岩(8:58~9:28)→林道終点(10:01~10:27)→友知らず(10:37)→燕岩(10:53)→雲竜瀑(11:07~12:20)==>ゲート帰着(16:00)

ゲートからの帰路の林道では、ユンボによる作業が始まっていたので、今後は事前情報通り滝尾神社で通行止めになるかも。
その場合は、冒頭に書いた距離を往復歩かないとならないので、今後行く人は要注意。

140127_backshot
雲竜主瀑を前にして、『かっこいい~heart04』とおだてられて、珍しくオイラのバックショットcamera

140127_ganimata
下半身かっこわり~ww

さて、最後は真面目に。

ニュースでもご存知かと思いますが、先日雲竜渓谷にて遭難事故が発生しました。
残念ながら遺体で発見されています。
報道に拠れば、発見現場は雲竜瀑下流約1.3kmの、稲荷側東岸。
地図上で計測する限り、1.3㎞というと洞門付近。
その付近のルートは主に右岸=西岸を通っています。
発見現場詳細は解りませんが、ルートを選び間違えた可能性も考えられます。

ここ数年、多くの方が訪れるようになりましたが、こうした事故も起きえます。
雲竜渓谷行きを検討しているかたは、十分に事前の情報収集、ルート・行程の確認をしましょう。
物見遊山で気楽に行くような場所ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

雲竜行ってきた♪

雲竜行ってきた♪
雲竜行ってきた♪
雲竜瀑へ行ってきた。

2〜3日中に記事を書けると思うけど、とりあえず。


事前情報では1/25から舗装工事の為、滝尾神社から先は車両通行止めとのことだったけれど、今日は休工中の表示がなされ林道入口まで車で入れた。

但し、帰路ではユンボでの工事が始まっていたので、今後、滝尾神社までしか車両が入れない可能性がある。


その場合、片道2km強の道程が追加される。
往復とすれば1時間〜1.5時間程加算される。

時間計算に注意を要す。

また雪が薄く、徒渉地点は時折水に入る場合がある。
洞門から渓谷を進むより、林道終点から入ると楽そう。
靴の防水はしっかりと。


って感じで…
眠い(ー〇ー)~~~..zzZZ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

ぎゅぎゅっと圧縮

今週もあまり更新出来ていないので、ギュッと圧縮。
外に出たのは二日間。

140120_karikomiko
月曜日、刈込湖へ。
湖の真ん中に黒く透ける場所があったのだけど、その横へと向かう足跡が…

140120_dobin
小峠~刈込湖間の冬道。
まだ雪が足りなくてちょっと急だけれど、なんとか使える。

木曜日は遠出予定を変更。
事務仕事をしつつ、抜け出す。

140123_mikoaisa
パンダ鴨の愛称で人気のミコアイサ♂。
毎年湯ノ湖に来てはいるのだけれど、写真は初。
コイツらいつも遠くにいるんだもの。
今は湯ノ湖の結氷が多いので、比較的近場にいてくれた。

140123_tyuuzenji
中禅寺湖畔四季彩前。
この辺にくると正面に真っ白な白根山が見えるので、ドライブしているとちょっとテンションが上がる♪
路面が乾いている場所が多かったけど、日陰では所々氷や雪が残っている場所があるので油断は禁物。

120123_senjou
抜け出しついでに、久し振りに戦場ヶ原へれっつご~♪

140123_syousitugen
戦場ヶ原の工事は休工中。
小湿原付近はまだ資材があちこちに積みっぱなし。

140123_kitasenjou
そのまま北戦場へ抜ける。
木道が幅広化されたエリアが増えたせいか、湿原への踏込跡はかなり少な目。

140123_yatumomo_2
皆無ってわけじゃないけどね。

140123_humikomi
・・・ホザキシモツケが踏みつけられちゃって・・・

140123_kinkurohajiro
そういやぁ、湯川にキンクロハジロがいたんだけど…
こいつら潜水採餌タイプなんだよなぁ。
まぁ、マガモが潜るくらいだから、意外と湯川は深いのかもしれない。

140123_ryuuzu
帰りに竜頭滝に寄って、と。
最近寒い日が続いているから、そこそこ凍結してきているな。

今日は、雪上探検の諸々を捌きつつ、雪灯里の準備をちょびっと手伝う、と。

こんな感じでギュギュっと一週間分を圧縮。
ちなみに、最近雪らしい雪が無いので、戦場ヶ原の歩道の雪もギュギュっと圧縮。
ローカットスニーカーで問題無く歩けてしまったし、オイラ達は刈込湖へスノーシューで行ったけど、トレースはギュギュっと圧縮されちゃって、アイゼンで歩いている人もいたっけなぁ…

雪降れ、雪っ!!




















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

ラジオ収録

ラジオ収録
ラジオ収録
ラジオ収録
今日は広報のお仕事で宇都宮にて、ドキドキのラジオ収録。


台本的な物があるのかと思っていたら、まさかの30分間フリートーク ( ̄○ ̄;)


そしてラジオだと言うのにマイクの前で身振り手振りに顔芸w
ついガイドの癖が…(笑)

なんとか終わったけど、破綻無く雪上探検のPRが出来たかなぁ?

ちなみに、1/20時点で約130名様のお申込み。

…放送は『1/27 20:00〜20:30 栃木放送 鈴木智の栃木の元気』なんだけど、まさか放送前に定員に達するとか…

別の意味でちょっとドキドキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

全日本氷彫刻 奥日光大会 2014

140118_kamakura_tyoukoku
湯元の氷彫刻の展示が開始!

140118_ryuu
殿堂入りとなったホテルニューオオタニ 平田浩一さんの作品。
なんとも迫力と躍動感に満ちた【竜】。

140118_elegante
審査員の一人がイチオシだった(株)サンアイフーズ 村上元彦さんの作品、【エレガント】。
この積み上げられた氷の輪や、胸元の意匠、スカートなんてこれどうなってんの??

130119_mask
今回の優勝はこちら。
ディズニーアンバサダーホテル 井上仁さん作 【Mask】

140118_kaijou
高さ3m程のかまくらの中に氷の彫刻が並び、今年は11基。
その中に、あなたにとっての優勝作品がきっとあるはず!

夜のライトアップでは、会場に流れるBGMに合せて光が変化していくので、昼も夜も足をお運びくださいな。

夜の部は動画でも撮ってみたのでそちらを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

PC絶不調…

朝はまともに動いていたのに、自動アップデートがかかった後から絶不調。


電源入れてから、起動→プログラムが一つ起きるまで1時間とか…

しばらくガイド続きだから…まぁなんとかなるべ。


ってわけで、更新止まるかも。

明日から氷彫刻が始まるのになぁ (´Д`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

MSRをレンタルしちゃうよん♪

昨日は今季初の氷瀑・庵滝ツアー。
ツアー用の道具をレンタルに行ったら、「滝の前で写真撮って来てね」。

140112_msr
こんな具合で良いんですか?支配人代理?

画面に映っているスノーシューは、MSRのTreck Evo というモデル。

オイラの私物も同じMSRの ライトニングアッセント女性モデル25inch

扱いやすく、パーツが少ないので多分壊れづらい。
裏側の側面全体に歯があり、斜面などでのグリップ性が高く、それでいて重量も軽量。
前回の画像みたいにガチガチでもある程度は歯が立つし、湿雪になっても雪が付着しにくい。

MSRはとても良く作られているスノーシューだと思う。

冒頭でなぜ、この写真かというと、なんと山のレストハウスではこのMSRをレンタルに出しているんだ。
これをレンタルしているショップは早々無いと思うよ?

その宣材写真らしいw(イケてる??)

かといって、レンタル品が全部MSRかというとそんなことは無く、2014/1/13現在大人用6脚、子供用4脚。

なので、事前予約制だってさ。
しかもMSRなら料金が上がるかって言うとそんな事もなく、同一料金。
メールが無いので、予約は電話かFAXでお願いします」ってことだ。

山のレストハウス 0288-62-2535(電話・FAX共)

と、ここまでオススメを書いておいてなんだけど…

スノーシューを初めてやる!って人は、MSRのレンタルは無用。
何故か。 MSRの良さが理解出来ないから。

及び、まだスノーシューに慣れていないっていう人にも、あまりオススメしない。
何故か。 上述通りグリップ性が高いので、道具に頼ってしまうだろうから。

と、マイナス表現をするその心は・・・

オイラが必要な時に無いと困るからww

幾度も繰り返しスノーシューをやって見て、購入を検討しようかな・・・なんて人は、然程あるチャンスではないと思うので、早めに予定を組んで予約をして試してみると良いんじゃないかな?

無論、オイラのツアー参加でMSRを使いたいって人は、オイラに連絡をくれれば手配します。

オマケ画像。
140112_odasiro
蒼天の小田代。

140112_gomi
昨日拾ったゴミ。小さなプレートはXCのステップソール。
長い棒は庵のルートの一本に放置されていたマーカー。
あの程度をマーカー無いと歩けないってんなら、無理すんなってば。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014 戦場ヶ原シカ捕獲

今年も、戦場ヶ原シカ侵入防止柵内のニホンジカ有害鳥獣捕獲が行われるそうです。
添付文書に「銃器を用いた」とあるので、例年通りって事でしょう。

期間中は、下図赤い破線の遊歩道が立ち入り禁止ルート、黄色の範囲が立ち入り禁止区域となるので、小田代原や高山、1002号は入れない。
なので、スノーシューやXC、或いは写真撮影を予定している人は、当該日に予定を組まない様にご注意を。

期日:平成26年
2月27日(木)、28日(金)
3月 5日(水)、 6日(木)、 7日(金)
3月12日(水)、13日(木)、14日(金)

時間:午前8時から午後5時まで。

140203_sikakujo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

続いて目的地

戦場・小田代はただのついで。

目的地は更にその先。

140108_toyamazawa
ほれ、はよ進まんか。

140108_sekkeikawagera
お、セッケイカワゲラ♪

140108_mayou
さて、どうする?
危険が無い限りは、放置。
危険そうな時も、ギリギリまで放置。

140108_ioritaki
そんな次第で、今季初の庵滝へ到着~!
現場からそぞろ歩きのFBに投稿したら、この画像は500人越え、

140108_koorinodoukutu
こちらに至っては、間もなく1000人の閲覧が!
普段なんて、50人が良い所なのにww
どっから見つけてくるんだ???

帰りは雪庇を踏み抜いて遊んだり、クマダナを見つけて

140108_nobore
ほら、はよ登れ。

なんてことをやっていたら、1002号に辿り付いたのが16時半sweat02
オイラの視力は0.0x、遊び仕様だったので度付のサングラスオンリー・・・
暗いよ~。怖いよ~。森の中なんて歩けないようcrying

まぁ、お客様じゃないし歩ける宛てがあるから良いっちゃ良いんだけどさ。

遊ぶときは時間を考えて遊びましょうclock

翌日。
140109_syakunagetaira
こちらも今季初の石楠花平。
今年はツアーコースに選んでいないので、足を運ぶタイミングが無く。
朝方15cm程の積雪があったので、スキーで遊びに出かけたのさ。

その道中で・・・
140109_nobore
ほ~ら、さっさと登れ~。
どこかで見た光景ww

スノーシューは誰でも使える素晴らしい道具なんだけど、使い方のコツはやはり必要なんだ。
そして、これは自分でいろいろ変な事をして使っていかないと解らないんだな。

ってわけで、オイラのツアーには、登れ!もあれば、降れ!もあるわけだ。

さ~て、明日もツアーだ。
適度な降雪があったから、結構いい感じじゃないかな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

冬の戦場・小田代原

140108_senjou
良く晴れた日の戦場ヶ原、久し振りに参りましょうか♪

140108_ipponbashi
お、一本橋♪

「この先で、霧氷が出ているよ。ハラハラ落ち始めたから、急いだほうが良いよ」
通りすがりのカメラマンの声。

目的地は違うけど、寄り道してみるか♪

140108_mokudou
戦場ヶ原の歩道は踏み固められて、道具なんて無用。

140108_muhyou
お、確かに霧氷♪ コンデジでも意外と撮れるもんだな。

とりあえず目指すは小田代原。

140108_mori
光の差し込む森の景色。

140108_usagi_footprint
さて、これなんの足跡??

140108_odasirogate
小田代のゲートも随分と埋まり、不用意に歩くと頭をぶつけてしまう程。

140108_1002
珍しく凍結していない1002号を歩けば、

140108_odasirohara
小田代原に到着、っと。
寄り道しつつで、1.5時間ってところ。

140108_hodou
まぁ、森の中も踏み固められていて歩き易かったってのはある。
この辺は利用者が多いので、降雪直後とかでなければ、道具無くても歩ける事も多い。

雪の森はルートが見づらいけれど、戦場・小田代一帯には赤いリボンが着いているので、歩くときはそれが目印。
特に戦場ヶ原の湿原部や、小田代の草原部などは冬でも立ち入り禁止なので、初嗤いされないように、ルートを確認しつつ進みましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

新年早々振り返り

皆様大変ご無沙汰しました。m(_ _)m
色々と忙しく、更新が出来ずに居たので、その期間の事をちょっと振り返り更新。

まずは元日と二日・・・は、チョビっと書いたので、三日から。

140103_slider
1/3はご家族からの半日貸切ガイド。
抜けるような晴天の下、一気に巨大滑り台を滑ると・・・

140103_splash
粉雪スプラッシュっ!!
雪にまみれて、8歳&11歳のコンビは幾度もチャレンジ。
お気に召したようだ♪

戻って、フロントやって餅つき…の予定が、前夜の就寝が気絶だったらしく、朝気が付くと眼鏡がペシャンコshock
0.0xの裸眼でフロントをこなして、夕方サングラスで急いで下山cardashdash

140104_yunoko
1/4は一日ツアー。
12/30にトレースを付けたから、誰か入っているだろう)と思いきや、エリアに誰も入っておらず、雪で綺麗に埋もれたトレースを記憶と足下の雪の固さで探りながら歩く。

140104_konseizan
この日も金精が望める場所で、青空が広がる。
参加者からはこの二つの風景に、「おぉ~!!」と感嘆の声。

140104_free
その帰り道。ガイドが最後尾にいるけど、オイラのツアーじゃ良くある話ww
誰も歩いていない雪原に自分だけの足跡を刻むってのも、スノーシューの醍醐味だもの♪

戻ったら、定番のフロント業務。

140104_kumahagi_hirohakatura
この日見つけた真新しいクマハギ。
ヒロハカツラが剥かれているのを見たのは初めてeye

140105_kotouge
1/5、来月に山のグループでスノーシューをしに来るという、下見に同行。
注意箇所の話をしながら、

140105_karikomiko
刈込湖へ。
帰路の小峠でモモクリさんに行きあう。
下見用に夏道を帰ったのだけど、固い片斜面をひたすらガスガスと踏込ながら歩いて、左足主体にダメージ甚大bearing

戻ってから、雪上探検の打合せ→資料作りで休暇前日なのに22時終業sad

1/6 休暇。
なのだけど、Mr.Jo-Joに誘われて
140106_huugas
赤揃えと一緒に雪遊び。
ONでもOFFでもやっている事は同じww

140106_tade
行先は、スノーシュー体験にオススメ蓼ノ湖へ。

140106_slider
滑ってみたり、

140106_dash
走ってみたり、

140106_umeru
埋めてみたり。

140106_kohitujicurry
終了後は、シェ・ホシノでのお食事会にまでお呼ばれし、コース料理にしか出していないという仔羊のカレーを御馳走になる。
肉体労働三昧の後なので、骨付き肉にむしゃぶりつく。

この赤揃えは、楓雅の皆さんだったそうで、

「宿が宿のみであってはならない。その地域の観光を担うのだ!」的な話から、冬のアクティビティを体験してみようってことになったのだとか。
二つ上の画像で埋まっているのは、なんと支配人さんだってさ!
例え研修でも本気で楽しむ!

ダークベータとしては、社を挙げてのこの取組は素晴らしいと思う(し、羨ましいと思う)。

そんな素晴らしい出会いをくれたMr.Jo-Joに感謝を捧げ、自分のショットが無いと嘆くので、その雄姿を!!
140106_jojo
この冬は裏磐梯に行くらしいので、練習してきてください(^τ^)

140106_tatiki
帰りに立木の駐車場によって、オシマイ。

年末からのフィールド・事務ともの激務もようやくオシマイ。
1/7は流石に撃沈down

これからは、またちょくちょく記事が書けるんじゃないかな?

と、思うが・・・
1/8以降はまた改めて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

今期初、庵滝!

今期初、庵滝!
今期初、庵滝!
青き光に魅せられて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

甲午

(出遅れましたが)
皆様、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は暖かいご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。

140101_ryuuzu
もはや、毎年恒例となってきた竜頭詣。

131231_itiban
なんと、今年も一番乗り!

滝の写真とか撮っていたら、
140101_kotorisimai
小鳥姉妹がやってきたので、一緒に振る舞いのけんちん汁を啜る。

元日は(というか年末年始は)、仕事で忙殺されるので、自分にもちょっとお楽しみを用意。

140101_l
モンベルの福袋をネットでポチっておいたのさ♪
注文者の中から抽選で届くというのが、見事当選!!

140101_montbell_hukubukuro_l
中身はこんな感じ。
EXグースダウンジャケット 13,800円
クリマプラスジャケット 5,300円
ギアコンテナM 3,400円
帽子 ??円
〆て、22,500円+α

140101_lxl
あれ??

だってさぁ、抽選って言うから、外れるかもしれないじゃん?
オイラ、インナーはLなんだけど、アウターはXLを好んでいるんだ。
だから、片っぽ外れても良いかなぁ?
な~んて、思っていたら、よもやの両方当選sweat02
出費が2倍sweat01

140101_montbell_hukubukuro_xl
XLの福袋はこんな感じ。
スーパーメリノウールのセーター 11,800円
ライトシェル 7,200円
ジオライン ロングスリーブシャツ 5,800円
サーモボトル 1,480円
〆て、26,280円

クリマプラスとロングスリーブのサイズが逆だと良かったなぁ。

ってか、着る物ばっかりだcoldsweats01
グローブがボロボロなので、新しいグローブとか入っていると嬉しかったんだけど、これなら結構当たりじゃないかな♪

なんてな感じだったのに、昼にトラブル勃発。
イベント準備の為の貴重な時間を、半月も身内に潰されていたことを知るannoy

緊急で走り回り、頭を下げて回り・・・
相手に怒ったら、言い訳をシコタマ続けた挙句、響長友ばりの「すいませんでしたっ!」
子供かっ!!punch

・・・結構ハッピーな年の初めだったのになぁdown

明日・明後日・明々後日と連発ガイドの予定に加えて、上の事態なので、しばらくブログ更新オヤスミです m(_ _)m

2014_gajou
こちらも恒例、新春に作るcatface年賀状。
(一応、捻って左午風)

相変らずのヘダラっぷりですが、今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »