« 仄かに春 | トップページ | あ、安部礼司 »

2015年3月 8日 (日)

ネイチャーガイドのお仕事

今日の湯元は湿り雪の後、昼頃から雨の予報。

雨ぇ~!?

・・・ま、今日のメンバーなら大丈夫でしょ。

ってなわけでやってきました刈込湖。

雪遊び戦隊 スノーシュアー 見参!!
150308_sentai
どっが~んっっ!!bomb
って、背後に爆炎上げたくならない?ww

150308_nobore
相変わらずの登れ~!からの・・・

150308_rakka
えっ! 落下っ!?
って画像に見えるけど、本人的には滑り落ちようとしていた模様。

遊びつつ刈込湖に到着し、戻り初めたら天候回復。
雨どころか青空も見えてきたので、人の来そうも無い森の中に入って…

150308_nukenaindakedo
埋めてみたww
だから、お客様を埋めるなっての(笑)

150308_nukenai_mae
ぃよいしょ~~っ!!angry

150308_nukenai_usiro
ふぉぉぉぉぉ~~!!annoy

このまま放置して帰るか(笑)

いや、これは元々真面目なお話なのよ?

今回、蓼の西側には雪崩の痕。
そしてこの天気に、道中の雪捲り。
となれば、真面目にお話しとかないとならないじゃないの。
雪の層の事とか。

で、穴を掘って見せてみて、ただ埋めるのも勿体ないので、雪に埋まると動けないんだよ~!だから雪崩気を付けてね

ほ~ら、真面目な解説じゃないのさwink

このネタは、オイラが鳥取時代から使っているもの。
当時はいきなり【中学生30名に雪の体験をさせたい、だけど予算は無いのでスノーシューなど道具は使えない】なんて無茶振りをされて、必死に考えたんだっけなぁ?
今なら何が出来るだろう??

こんな仕事をしていると、時折
「やっぱり理系のご出身で?」
「お生まれは、こちらの地元で?」
「どこで勉強したんですか?」
「ガイドになりたいんですが、どうしたら?」 etcなご質問を頂く。

オイラはめっちゃ文系⇒哲学科だし。
小学校の修学旅行くらいしか日光に来たことないし。
学生時代は、成績表は優秀だけれど、然程勤勉では無かったし。

思い返せば、今のガイドの素地は古巣VC時代に出来ているな。

色々と必死ではあったけれど、その甲斐あってか、なんとかガイドをやれています。

じゃぁ、VCに勤めていなかったら・・・
多分、ガイドの仕事は出来ていないね。

ガイドなんて現場に立ってナンボ。
WEBで知識やマニュアルを漁るようなもんじゃない

それに、経験の浅いガイドなんて頼みたくないでしょ?

でも、上述のように「ガイドになりたいけれど、なり方がわからない。」なんて昔のオイラみたいな人もいる訳で。

オイラの古巣は求人終わっちゃったみたいだけれど、自然博物館で追加求人出たよ

働きながら勉強できる、そんな良い機会かも。

|

« 仄かに春 | トップページ | あ、安部礼司 »

コメント

皆様
おいでませ~♪
お返事遅くなりました。

>Layla様
いや、Layla隊長、今回もとりまとめありがとうございました。
大きな赤かぶ、なかなか抜けませんでしたねw
・・・確かに全体を見てもLayla様のブログを拝見しても気楽な職場に映るな…(汗)

>T-村様
経験は浅くとも、巨大な基礎があるのだから、安定感のある建物が建てられると思いますよ。
私の場合は基礎もない状態から初めて、2年で放り出されましたから(笑)

>晴れ様
今回もゲラゲラと冬山に笑い声が響き渡りました。
隣の自然計画のガイドさんの呆れたような視線が痛かったけれど(笑)
是非、またの機会に。

またお越しくださいまし。

投稿: べー太 | 2015年3月16日 (月) 17時04分

こんなに楽しいツアー、参加したかったな〜。さすがはβさんのツアーですね。

投稿: 晴れ | 2015年3月13日 (金) 22時19分

宣伝、ありがとうございます。
急な話で、当方内でもバタバタいたしました。

まだまだ“経験の浅いガイド”ですが、引き続きよろしくおねがいします。

投稿: T-村 | 2015年3月10日 (火) 11時11分

雪崩の危険について、お伝えできていれば良いけど。 (*ノωノ)

将来日本の自然を背負って立とう、という若者たちが、
気楽な現場と思わなければ良いけど。ww

投稿: Layla | 2015年3月 9日 (月) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94428/59194479

この記事へのトラックバック一覧です: ネイチャーガイドのお仕事:

« 仄かに春 | トップページ | あ、安部礼司 »